プラットフォームサイトの選び方

2022年最新|手数料の安いクラウドファンディングは?【計16サイトを比較】

購入型クラウドファンディングサイトを「手数料の安さ」で比較していきます。手数料の安さをサイト選びの基準にするのは危険ですが、ひとつの参考にしてください。

この記事では

「手数料の安いクラウドファンディングサイト」

をまとめて比較しています。手数料だけでサイト選びをすることは推奨していませんが、選ぶ際の参考として利用してください。

りょうかん

というわけで、はじめまして!
クラウドファンディングコーディネーターりょうかん です!

この記事では、CAMPFIRE公式パートナーとして毎月複数のプロジェクトを成功に導いている僕が、クラウドファンディングサイトを【手数料】に注目して比較しました。

≫ より詳しいプロフィールはこちら

CAMPFIREパートナーとは?クラウドファンディング挑戦の強力なサポーターを頼ろう!クラウドファンディング挑戦を伴走サポートしてくれる存在の「CAMPFIREパートナー」について詳しく解説します。業界最大手のCAMPFIREでプロジェクトを立ち上げるのであれば絶対に知っておくべき存在です。その理由もまとめました。...

クラウドファンディングサイトを手数料で徹底比較!

この記事で、下記の16個のクラウドファンディングサイトを比較していきます。

クラウドファンディング手数料一覧

更新日:2022年7月17日

サイト名手数料
9% (税別)
10% (税別)キャンペーン 8% (税別)※3
10% (税別)
10% (税別)
15% (税別)
15% (税別)
17% (税別)
シンプルプラン※1:12% (税別)
フルサポートプラン:17% (税別)
17% (税別)支援金額200万円超過分は10% (税別)※2
20% (税込)
20% (税込)
20% (税込)
20% (税込)
20% (税別)
25% (税別)
0%購入者負担の別途手数料あり ※4

※1 READYFORの手数料について
シンプルプラン
:自分で頑張れる人向け。担当キュレーター不在で自力で進めるプランです
フルサポートプラン
:初心者や少人数プロジェクト向け。担当キュレーターが終了まで伴走してくれるプランです

※2 BOOSTERのバリュープランについて
業界初!支援金額により手数料が変わる「逓減型」の手数料システムが採用されています。
支援金額200万円(税込)を超えた場合、超えた金額分については手数料10%(税別)になります。(詳細

※3 motion galleryの手数料について
2022年12月31日まで実施されている「PAY IT FORWARDキャンペーン」に適用された場合に限って手数料8%で掲載できる(詳細

※4 うぶごえの手数料について
購入者(支援者)に対して「システム利用料(=購入金額の5%+330円)」の負担が発生します

単純な手数料で比較すると「うぶごえ」の起案者手数料の負担が最も少ないことがわかります。一方で、購入者(支援者)に対して上乗せで手数料の負担を強いる形となります。

特殊例のうぶごえを除くと「GoodMoring」の手数料が安いです。

しかし、手数料最安の GoodMorning は、社会貢献などのソーシャルグッド関連に特化したサイトなので、商品販売系やビジネス系のプロジェクトは掲載ができません。

このように、手数料の安さはサイト選びのポイントのひとつでしかありませんので、自身のプロジェクトと相性の良いサイトを選ぶようにしましょう

自分の企画に適したサイト選びのポイントは下記の通りです。

サイト選びのポイント7選

① 手数料
② 成功率
③ 月間掲載数
④ ユーザー数
⑤ 過去の実績
⑥ 得意ジャンル
⑦ 入金スピード

詳しくは「2022年版|クラウドファンディング購入型10サイトを比較!おすすめは?」にまとめているので、参考にしてみてください。

2022年版|クラウドファンディング購入型10サイトを比較!手数料・成功率・掲載数・特徴ジャンル・おすすめは?クラウドファンディングに挑戦したい人は必見! この記事では 「クラウドファンディング購入型のサイト徹底比較」をまとめています。手数料・成功率・掲載数・特徴ジャンルなど選ぶポイント別に解説しているので、自分に適したサイトを選ぶことができます。...
りょうかん

選び方がわからないという方は、ぜひ気軽に相談ください!

クラウドファンディングのプロとして活動している僕が、あなたのプロジェクトに適したサイトを提案させてもらいます!

≫ りょうかんにLINEで相談する(無料)

手数料以外の特徴で自分に適したサイトを選ぼう

先ほど説明した通り、クラウドファンディングのサイトは「手数料」だけに注目して選ぶことは危険です。

皆さんには手数料以外の「サイトの特徴」を理解して、自分のプロジェクトに適したサイトを選んでもらいたいので、各サイトを簡単に紹介していきます。

GoodMorning(グッドモーニング)

グッドモーニングは、業界最大手の「CAMPFIRE」が運営するソーシャルグッド特化のクラウドファンディングサイトです。

社会貢献系のプロジェクトしか掲載できませんが、業界最安水準の手数料9%が最大の魅力になります。

サイト概要
得意ジャンル:社会貢献系(ソーシャルグッド系)
運営会社:株式会社CAMPFIRE
募集種類:購入型, 寄付型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://camp-fire.jp/goodmorning

MOTION GALLERY(モーションギャラリー)

モーションギャラリーは、クリエイティブ系のプロジェクトに強みのあるクラウドファンディングサイトです。

アーティスト支援をしたいユーザーも多く、映画などの創作活動をしたい方は資金を集めやすいことが特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:クリエイティブ系(映画や音楽など)
運営会社:株式会社MotionGallery
募集種類:購入型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://motion-gallery.net/

kibidango(きびだんご)

きびだんごは、世界最大サイトKickstarter認定された、雑貨や日用品などのモノ系のプロジェクトを取り扱うクラウドファンディングサイトです。

公開されるプロジェクト件数は比較的少なめですが、サポートが手厚くて高い成功率を誇ることが特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:ガジェット系(雑貨や日用品など)
運営会社:きびだんご株式会社
募集種類:購入型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://kibidango.com/

ACT NOW(アクトナウ)

アクトナウは、北海道を中心とした地域活性化の案件を取り扱うクラウドファンディングサイトです。

北海道各地で実施されるイベントへの出展など、オフラインでのPR活動にサポートしてもらえることが特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:北海道のローカルプロジェクト
運営会社:株式会社ACT NOW
募集種類:購入型, 寄付型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://actnow.jp/

muevo(ミュエボ)

ミュエボは、音楽関連のプロジェクトに特化したクラウドファンディングサイトです。

ジャンル特化なこともあり、音楽経験のあるスタッフのサポート付きなことや調達後の著作権管理などのアフターフォローの充実度が特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:音楽専門
運営会社:株式会社muevo
募集種類:購入型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://www.muevo.jp/

FANY Crowdfunding(ファニークラウドファンディング)

ファニークラウドファンディングは、大手の芸能人事務所である吉本興業が運営するクラウドファンディングサイトです。

お笑いライブチケット販売などの芸人プロジェクトを中心に、エンタメ系の企画の多さが特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:エンタメ・お笑い
運営会社:吉本興業株式会社
募集種類:購入型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://cf.fany.lol/

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

キャンプファイヤーは、年間掲載プロジェクト件数や登録会員数など国内最大のシェアを誇るクラウドファンディングサイトです。

あらゆるジャンルに対応しており、どんな人でも挑戦しやすい間口の広さが特徴的です。

サイト概要
得意ジャンル:オールジャンル(幅広く対応)
運営会社:株式会社CAMPFIRE
募集種類:購入型, 寄付型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://camp-fire.jp/

READYFOR(レディーフォー)

レディーフォーは、日本初のクラウドファンディングサイトです。

ソーシャルグッドな社会貢献系のプロジェクトに特化しており、リターンの必要ない寄付型プロジェクトが多いのが特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:社会貢献系(ソーシャルグッド系)
運営会社:READYFOR株式会社
募集種類:購入型, 寄付型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://readyfor.jp/

BOOSTER(ブースター)

ブースターは、業界最大手の「CAMPFIRE」と全国に店舗展開する「PARCO」が共同運営するクラウドファンディングサイトです。

渋谷PARCOのショールームに展示ができるなど、プロダクトを世の中に広めたい小さなチームのための豊富なサポートが特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:小規模新規商品系(家庭雑貨中心)
運営会社:CAMPFIRE & PARCO
募集種類:購入型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://camp-fire.jp/booster-parco

Makuake(マクアケ)

マクアケは、サイバーエージェントを親会社に持つ、年間流通金額が国内最大のクラウドファンディングサイトです。

日本初進出の海外製品予約販売などガジェット系のプロジェクトが中心で、新規性を重視している点が最大の特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:ガジェット系(新規性のある商品中心)
運営会社:株式会社マクアケ
募集種類:購入型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://www.makuake.com/

GREEN FUNDING(グリーンファンディング)

グリーンファンディングは、蔦屋書店やTSUTAYAなどを持つCCCグループが運営するクラウドファンディングサイトです。

最新テクノロジーを駆使したガジェット系のプロジェクトが中心で、募集方式が「All-or-Nothing」しか選べないことが特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:ガジェット系(最新テクノロジー関連)
運営会社:株式会社ワンモア
募集種類:購入型
募集方式:All-or-Nothing方式
URL:https://greenfunding.jp/

WonderFly – ANA(ワンダーフライ)

ワンダーフライは、全日本空輸(ANA)の運営するクラウドファンディングサイトです。

マイルで支援購入できる点や、成功したプロジェクトの商品をサイト内のオンラインショップで販売できる点などが特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:旅行好きのための商品販売系
運営会社:ANA X株式会社
募集種類:購入型
募集方式:All-or-Nothing方式
URL:https://wonderfly.ana.co.jp/

sandwich(サンドウィッチ)

サンドウィッチは、大分合同新聞社の運営する大分発のクラウドファンディングサイトです。

大分県の地域貢献系プロジェクトを中心に取り扱っており、ローカル新聞のローカルニュースとしてPRしてもらえる点が特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:大分発の大分のためのプロジェクト
運営会社:有限会社大分合同新聞社 & ミュージックセキュリティーズ株式会社
募集種類:購入型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://sandwichcrowd.com/

A-port(エーポート)

エーポートは、朝日新聞社の運営するクラウドファンディングサイトです。

掲載数は多くないものの、大手新聞社が運営していることもあり、高い信頼度と強い発信力が特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:社会ニュース系, スポーツ系, アーティスト系など
運営会社:株式会社 朝日新聞社
募集種類:購入型, 寄付型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://a-port.asahi.com/

machi-ya(マチヤ)

マチヤは、業界最大手の「CAMPFIRE」とガジェット系WEBメディアを運営する「mediagene」が共同運営するクラウドファンディングサイトです。

デジタル家電などのガジェット系のプロジェクトが中心。公開した全てのプロジェクトがmediageneの運営するWEBメディアで紹介してもらえることが特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:ガジェット系(デジタル家電など)
運営会社:CAMPFIRE & mediagene
募集種類:購入型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://camp-fire.jp/machi-ya

うぶごえ

うぶごえは、2021年に「掲載手数料0円」を掲げてスタートしたばかりのクラウドファンディングサイトです。

掲載件数の少なさはネックですが、支援者側に手数料を負担してもらうことで集まった金額を全額受け取ることのできることが特徴になります。

サイト概要
得意ジャンル:オールジャンル(幅広く対応)
運営会社:うぶごえ株式会社
募集種類:購入型
募集方式:All-In方式, All-or-Nothing方式
URL:https://ubgoe.com/

まとめ:クラウドファンディングはサイト選びが大事!

というわけで、クラウドファンディングサイトを「手数料の安さ」で比較すると下記の通りです。

サイト名手数料
9% (税別)
10% (税別)キャンペーン 8% (税別)※3
10% (税別)
10% (税別)
15% (税別)
15% (税別)
17% (税別)
シンプルプラン※1:12% (税別)
フルサポートプラン:17% (税別)
17% (税別)支援金額200万円超過分は10% (税別)※2
20% (税込)
20% (税込)
20% (税込)
20% (税込)
20% (税別)
25% (税別)
0%購入者負担の別途手数料あり ※4

※1 READYFORの手数料について
シンプルプラン
:自分で頑張れる人向け。担当キュレーター不在で自力で進めるプランです
フルサポートプラン
:初心者や少人数プロジェクト向け。担当キュレーターが終了まで伴走してくれるプランです

※2 BOOSTERのバリュープランについて
業界初!支援金額により手数料が変わる「逓減型」の手数料システムが採用されています。
支援金額200万円(税込)を超えた場合、超えた金額分については手数料10%(税別)になります。(詳細

※3 motion galleryの手数料について
2022年12月31日まで実施されている「PAY IT FORWARDキャンペーン」に適用された場合に限って手数料8%で掲載できる(詳細

※4 うぶごえの手数料について
購入者(支援者)に対して「システム利用料(=購入金額の5%+330円)」の負担が発生します

ただし、クラウドファンディングサイトを手数料だけで選ぶのは危険です。

サイトの特徴と自分のプロジェクトとの相性や、支援してくれるユーザー数など、他のポイントも合わせて総合的に判断する必要があります。

2022年版|クラウドファンディング購入型10サイトを比較!手数料・成功率・掲載数・特徴ジャンル・おすすめは?クラウドファンディングに挑戦したい人は必見! この記事では 「クラウドファンディング購入型のサイト徹底比較」をまとめています。手数料・成功率・掲載数・特徴ジャンルなど選ぶポイント別に解説しているので、自分に適したサイトを選ぶことができます。...

逆に言えば、自分に適していないサイトを選んでしまうと資金調達に失敗する、と言っても過言ではありません、

クラウドファンディングを成功するためにも、サイト選びを間違えないようにしましょう!

りょうかん

「自分のプロジェクトと相性の良いサイトがわからないよ〜!」

という方は、気軽に相談してください!
≫ りょうかんにLINEで相談する(無料)

りょうかんにクラウドファンディングの相談をしよう

CAMPFIRE公式パートナーのりょうかん に、クラウドファンディングについての相談やサポートを希望される方は LINE公式アカウント よりお問合せください。

≫ りょうかんに直接相談ができるLINE公式アカウントの登録はこちら