クラウドファンディングの基礎知識

「All-In」と「All-or-Nothing」の違いは?クラウドファンディングの募集方式を解説します

クラウドファンディングの募集方式の「All-In」と「All-or-Nothing」ついて詳しく解説します。それぞれの違いや選び方なども説明しているので、参考にしてもらえると嬉しいです。

この記事では

「クラウドファンディングの募集方式」

について「All-In方式」と「All-or-Nothing方式」の特徴や違いを解説しています。

プロジェクトに最適な募集方式を選んでページ作成をスムーズに進めましょう。

りょうかん

というわけで、はじめまして!
クラウドファンディングコーディネーターりょうかん です!

この記事では、CAMPFIRE公式パートナーとして毎月複数のプロジェクトを成功に導いている僕が、この記事の解説をしていきます!

≫ より詳しいプロフィールはこちら

クラウドファンディングのやり方・始め方をプロのキュレーターがわかりやすく徹底解説!初心者でも個人でも支援が集まるプロジェクトページを作ろう!個人で成功するクラウドファンディングのやり方を徹底解説!完全に何もわからない初心者でも、プロジェクトページを作れて、やりたいことの実現に向けて動き出せるようになるサイトです。...
起案者必見!クラウドファンディングに挑戦するときの注意点7選!クラウドファンディングにチャレンジする人は必見! この記事では「クラウドファンディングの注意点」について解説しています。はじめて挑戦するときに陥りやすいポイントを整理できるので、失敗しないための方法を知ることができます。 一緒にクラウドファンディングを成功させましょう!...

クラウドファンディングの募集方式は2種類ある

クラウドファンディングの募集方式は下記の2種類です。

All-In方式
All-or-Nothing方式

この2種類の募集方式の特徴と違いをお伝えしていきます。

All-In方式とは?|特徴・メリット・デメリット

All-In方式とは、目標金額を達成しなくても集まった資金を全額受け取れる方式です。

サイトによって「実行確約型」「ダイレクトチャレンジ方式」と呼ばれることもあります。

All-In方式の特徴
・期間中に集まった金額が全額受け取れる
・目標金額を超えた場合も全額受け取れる
・集まった達成金額に対して手数料がかかる
All-In方式のメリット
・目標達成しなくても支援全額を受け取れる
・新規商品やサービスのプロモーション目的で利用しやすい
All-In方式の注意点
・支援されたリターンは必ず履行する義務がある
・支援金額に関わらずプロジェクトを実施する必要がある

All-In方式はこんな人にオススメ!

■ すでにプロジェクトの実行できると決まっている人
■ 製造決定している新商品のプロモーションをしたい人

ちなみに、「Makuake」や「CAMPFIRE」では、All-In方式を利用する人が多いです。

目標金額100万円で挑戦する場合(All-In方式)

達成金額が「80万円」だったら・・・

✔︎ 集まった支援金額をすべて受け取ることができる
✔︎ 最終的な達成金額に対してプラットフォーム手数料が発生する
✔︎ リターンを必ず履行する義務が発生する(リターン実施必須)
✔︎ プロジェクトは進めなければならない(プロジェクト実行)
✔︎ 関わった人たちの中で「達成しなくて悲しい」という残念ムードが広がる

達成金額が「120万円」だったら・・・

✔︎ 集まった支援金額をすべて受け取ることができる
✔︎ 最終的な達成金額に対してプラットフォーム手数料が発生する
✔︎ リターンを必ず履行する義務が発生する(リターン実施必須)
✔︎ プロジェクトは進めなければならない(プロジェクト実行)
✔︎ 関わった人たちの中で「達成しておめでとう」というお祝いムードが生まれる

りょうかん

All-In方式の場合、達成金額による大きな違いはありません!

強いて言うなら、目標金額を達成したかどうかで「関わった人たちのモチベーション」が大きく変わってしまうことです!

All-or-Nothing方式とは?|特徴・メリット・デメリット

All-or-Nothing方式とは、目標金額を達成した場合のみ資金を受け取れる方式です。

サイトによって「目標達成型」「オールオアナッシング方式」と呼ばれることもあります。

All-or-Nothing方式の特徴
・目標金額を達成した場合のみ支援金額を受け取れる
・目標金額を超えた場合は支援金額を全額受け取れる
・目標金額を達成しなかった場合はキャンセルされる
・目標金額を達成しないとリターン履行の義務がない
・目標金額を達成した場合のみ達成金額に手数料がかかる
All-or-Nothing方式のメリット
・目標金額を達成できなかった場合、リターンを履行しなくて良い
・目標金額を達成できなかった場合、プロジェクトの実行義務なし
・支援の少ない場合に負債を抱えるリスクを最小限にできる
・テストマーケティングとして市場の需要のリサーチにも使える
All-or-Nothing方式の注意点
・達成しなかった場合には、決済はキャンセルされて返金される
・達成失敗したときに支援してくれた人を悲しませる可能性がある

All-or-Nothing方式はこんな人にオススメ!

■ 目標金額を達成できないとプロジェクトを実行できない人
例:ライブの会場レンタル代など損益分岐点がある
例:商品製造する際の最小発注個数が決まっている

■ 自分を背水の陣に追い込んでプロモーションを頑張りたい人
例:達成できるかギリギリの目標に向かって支援者と一緒に盛り上がりたい

ちなみに、「READYFOR」では原則All-or-Nothing方式の利用が推奨されています。

目標金額100万円で挑戦する場合(All-or-Nothing方式)

達成金額が「80万円」だったら・・・

✔︎ 集まった支援金額は全額返金される
✔︎ プラットフォーム側に対する手数料は発生しない
✔︎ リターンの履行をする必要がない(リターン実施不要)
✔︎ プロジェクトは進めなくてもOK(プロジェクト実行不要)

達成金額が「120万円」だったら・・・

✔︎ 集まった支援金額をすべて受け取ることができる
✔︎ 最終的な達成金額に対してプラットフォーム手数料が発生する
✔︎ リターンを必ず履行する義務が発生する(リターン実施必須)
✔︎ プロジェクトは進めなければならない(プロジェクト実行)

りょうかん

All-or-Nothing方式の場合、目標金額を達成できるかどうかで天地の差が生まれます!

何がなんでも達成できるように告知やプロモーションを頑張りましょう!

【SNSの使い方】クラウドファンディングにおける効果的な告知プロモーション方法を解説します
【SNSの活用方法】クラウドファンディングにおける効果的な告知プロモーションのやり方を解説しますクラウドファンディングに挑戦しているけど「SNSで告知する方法がわからない」と悩んでいる方のために、インスタグラム・ツイッター・フェイスブックの効果的な使い方を解説しています。...

まとめ:自分のプロジェクトに適した募集方式を選んで

というわけで、クラウドファンディングの募集方式「All-In」と「All-or-Nothing」の特徴や違いをまとめると下記の通りです。

All-in型(オールイン)
・目標金額を達成しなくても集まった資金を受け取れる方式
・終了時点で支援されたリターンは必ず履行する必要がある
・目標達成の可否に関わらずプロジェクト実行の義務は生じる

All-or-Nothing型(オールオアナッシング)
・目標金額を達成した場合のみ集まった資金を受け取れる方式
・目標金額を達成した場合のみリターンの履行義務が生じる
・目標金額を達成しなかった時点で集まった資金は返金される

それぞれの募集方式の違いを理解しながら、プロジェクトの企画を進めてください!

りょうかん

クラウドファンディングに挑戦するときはプロに相談するのがおすすめ!

僕自身も CAMPFIREパートナー として活動しており、追加の費用負担なしで頼ることが出来ます!ぜひ気軽に 公式ライン で相談してくださいー!

CAMPFIREパートナーとは?クラウドファンディング挑戦の強力なサポーターを頼ろう!クラウドファンディング挑戦を伴走サポートしてくれる存在の「CAMPFIREパートナー」について詳しく解説します。業界最大手のCAMPFIREでプロジェクトを立ち上げるのであれば絶対に知っておくべき存在です。その理由もまとめました。...

りょうかん

ちなみに、CAMPFIREにおけるプロジェクトの成功率は大体50%ぐらいです。成功率を高めるためにも CAMPFIREパートナー に相談することを強くオススメします!!

クラウドファンディングCAMPFIREの成功率ってどのくらい?【答えは約46%です】この記事では「クラウドファンディングの成功率ってどのくらいなの?」という方に向けて、業界最大手CAMPFIREで実際に調べたプロジェクトの成功率をお伝えしています。...

りょうかんにクラウドファンディングの相談をしよう

CAMPFIRE公式パートナーのりょうかん に、クラウドファンディングについての相談やサポートを希望される方は LINE公式アカウント よりお問合せください。

≫ りょうかんに直接相談ができるLINE公式アカウントの登録はこちら